大阪でFXスクールを営む18タートルズが「FXに役立つ世界で重要なニュース」と題し、FXでのニュースやトレードの注意点をお届けしています

大阪FXスクール18タートルズ講師のブログ

「ユーロ」 一覧

トランプリスクとECBのQE再開

12日の為替市場では、午前中上値の重い状態が続いていましたが、トランプ大統領がツイッターで、対中関税引き上げを10月1日から10月15日に延期するとの発表で、10月の米中通商協議の進展への期待感からド ...

ECB・FOMCを控え様子見ムード

米中間の貿易摩擦に対して楽観的ムードが漂っているドル円相場ですが、本日は主な経済指標の発表もなく材料不足のため、なかなか上値が拡大し辛い雰囲気です 12日にはECBの定例理事会とドラギ総裁の会見、来週 ...

ユーロは下落、EU経済は不調

EU統計局が発表した8月のユーロ圏消費者物価指数速報値は前年同月比1%の上昇で、予想値と一致しました。 しかし、ECBの目標は2%弱で、食料品やエネルギーなど変動率の激しい項目を除いたコアCPIの上昇 ...

米中貿易摩擦に楽観的な見方

29日の為替市場では、米中貿易摩擦深刻化への懸念が後退し、リスク回避の動きが一段落しました。 9月1日の関税発動を前に、中国の商務省が、貿易問題の報復合戦の激化に反対し、米国との貿易戦争を冷静に解決、 ...

ドル買い相場

25日に行われたECBの政策金利発表では、市場の予想通り政策金利据え置きとなりました。 その際発表された声明で、必要ならば長期に渡って金利は現行からさらに低い水準を予想と指摘したほか、金利階層化や新た ...

世界的な利下げの流れ

3日の米株式市場は昨年10月につけた過去最高値を上回って推移しています。 市場予想を下回る米雇用関連の経済指標を受けてFRBが今月に利下げするとの期待が高まり相場を支えています。 明日の独立記念日の祝 ...

不透明要素の多い相場

利下げからのダウ上昇や米中貿易交渉の再開、メキシコに対する関税見送りを受け、市場では楽観的な動きが見られていましたが、トランプ大統領の二転三転する発言を見る限り、市場での不透明感は未だに多いと感じます ...

久々の指標でのドルの乱高下

5日の為替市場では、5月のADP全米雇用報告が2.7万人増と予想の18万人を大幅に下回ったことから米長期金利の急低下とともにドル売りが優勢となりました。 指標発表でドルがここまで動くのは久しぶりでした ...

経済失速からの金利低下

29日のニューヨーク市場では引き続き米中貿易問題が上値を抑えており、リスク回避の売りが出てもおかしくない状況にはなっています。 米債券利回りも一段と低下し、米3ヶ月債と、10年債利回り格差は再び逆転。 ...

米中貿易摩擦の先行きは不透明

28日のマーケットでは米中貿易摩擦の不透明間に慎重な展開が継続すると見られています。 トランプ大統領は、中国と貿易協定を結ぶ準備はまだないと述べ、さらに先行きの不透明感は広がり、市場関係者が6月に大阪 ...

Copyright© 大阪FXスクール18タートルズ講師のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

Copyright© 18タートルズ FXスクール , 2017 All Rights Reserved.