大阪でFXスクールを営む18タートルズが「FXに役立つ世界で重要なニュース」と題し、FXでのニュースやトレードの注意点をお届けしています

大阪FXスクール18タートルズ講師のブログ

「ドル円」 一覧

FOMC議事録公表

7月30〜31日に開催されたFOMCの議事録が公表されましたが、内容的にはメンバーの見解が食い違ったことが明らかになったと同時に、殆どのメンバーが、リスクが存在する中での柔軟性を主張していました。 7 ...

ブレグジット問題でポンド急騰

20日の為替市場では、英国のジョンソン首相が、EUと離脱今日議案について再交渉を行い、アイルランド国境管理をめぐるバックストップ(安全策)条項を別のものに置き換える意向を持っていると発表しました。 E ...

材料に乏しくジャクソンホール待ち

ドル円の為替市場では底堅く上値が重い状態が続いていて、次の材料を待つ展開となっています。 毎年8月は、材料に乏しく、そのため今週末に開かれるジャクソンホールでの経済シンポジウムが注目されそうです。 こ ...

ボラティリティの少ない相場

17日の為替市場では、日本はお盆休み、各国夏休みなこともあって株式、為替とともに売買金額の少ない、商いの薄い相場となりました。 特に真新しいニュースもなく方向性にかける動きが続いています。 米長期金利 ...

荒い値動き、リセッション懸念後退

本日の為替市場では、特に材料が見当たらない中、ストップを巻き込みながら、106円台後半迄ドル円は急騰しました。 米財務省が、米国は新たな10%の関税によって米中首脳による合意を破ったとの懸念を示したこ ...

世界経済リセッション

昨日は米国が残りの中国輸入品3000億ドルに対する関税で一部スマホなどの消費財の関税発動を9月から12月中旬に延期するほか、安全保障関連を対象外とすると発表し、関税が米国経済に与えるマイナス影響の懸念 ...

ドル円は底打ちしたのか

本日のニューヨーク市場では、ドル買いリスク選好の動きとなりました。 米通商代表部のライトハウザー代表と、ムニューシン財務長官が中国の副首相と電話で会談したことを中国の新華社通信が報道しました。 また、 ...

日本は祝日、続く円高

東京市場の商いが薄い中でもドル円は下落しています 12日の為替市場では、米中貿易戦争や英国の合意なき離脱が経済に影響を及ぼす影響が懸念される中、円買いの流れが止まりません。 コメルツ銀行のストラテジス ...

好調な米国経済とドル高

ブルームバーグが行った8月のエコノミスト調査で、世界貿易の緊張で経済に不透明感が広がったため、米国経済が景気後退期に陥る確率は35%と見ていることが明らかになり、前回予想の31%から更に上昇しました。 ...

世界経済のリセッション入り

7日に発表されたニュージーランド準備銀行、インド準備銀行、タイ中央銀行が相次いで利下げを決定したことで、アジア市場で長期債に買いが殺到し、利回りが低下。買い入れは欧州市場でも続き、独連邦債利回りが過去 ...

Copyright© 大阪FXスクール18タートルズ講師のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

Copyright© 18タートルズ FXスクール , 2017 All Rights Reserved.