大阪でFXスクールを営む18タートルズが「FXに役立つ世界で重要なニュース」と題し、FXでのニュースやトレードの注意点をお届けしています

大阪FXスクール18タートルズ講師のブログ

「ドル円」 一覧

ダボス会議開催

21日の為替市場では、本日開催のダボス会議に出席するトランプ大統領が中国やイランとの関係にどう言及するか注目されそうです。 特にイランに対しては先の報復措置に対する攻撃を抑制しており、今後対話に向けた ...

イギリスは利下げの可能性ポンドに警戒

本日の為替相場では、欧州時間が始まって発表されたイギリスの小売売上高の低調な結果からポンドは売られました。 今月末に開催される予定のMPC(金融政策委員会)での利下げ織り込み度は今週頭では50%の数値 ...

対中関税問題、大統領選挙後まで先延ばし

本日の相場では、トランプ政権が発表した「米中貿易協議の第1段階合意にもかかわらず、米政府は対中関税を米大統領選挙後まで維持」との見解が伝わったことから、リスクオンのムードは縮小しました。 米中貿易協議 ...

110円に乗せきれないドル円

本日の為替相場、アメリカが中国を為替操作国から除外した好感もあり、ドル円はオプションがある110円の大台を一時突破しましたが乗せきれず下落しています。 好調なアメリカ経済に対し上昇しているドル円ですが ...

ドル円は押し目後上昇

先週末の先週末の弱い米雇用者数の伸びを受けた後の下押し幅を取り戻して上昇しています。 米利回りの上昇を背景に上昇しているドル円ですが、売りとともにストップロスの買いが混在している109.70円付近から ...

トランプ大統領の声明を受け円安ドル高

トランプ米大統領は8日、イラクの米軍施設に対するイランの報復的なミサイル攻撃について米国人の死傷者は確認できなかったと発表しました。 また、イランへの軍事攻撃の必要性に否定的な見解を示したことから、両 ...

トランプ大統領の声明に注目

8日の為替相場では、イランが米軍による精鋭部隊の司令官殺害の復讐として、米軍のイラクの空軍施設にミサイル攻撃を行い、ドル円は一時107.65円まで急落しました。 ただ、その後にイランが国連安保理に「戦 ...

堅調な経済 vs 地政学リスク

7日の市場では米国とイランの対立抗争が激化するなか、「イランは13の対米報復シナリオを検討」との一部報道が伝わるとドルの売り優勢となりました。 その後、米長期金利がプラス圏に浮上したことやダウ先物の上 ...

大発会はイラン情勢懸念から下落

2020年最初の取引となった6日の東京市場で日経平均株価は19年末比451円安と、大発会として過去4番目の下げ幅を記録しました。 米国とイランの対立激化が世界景気回復への楽観ムードに水を差した形で、投 ...

クリスマス休暇に向けて

今週は欧米のクリスマス休暇で市場参加者が減少し、流動性が低下するとみられます。 そのため、突発的なニュースが出てくれば値動きが増幅される可能性もあり、警戒はしておいた方がいいかもしれません 先週の為替 ...

Copyright© 大阪FXスクール18タートルズ講師のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

Copyright© 18タートルズ FXスクール , 2017 All Rights Reserved.