大阪でFXスクールを営む18タートルズが「FXに役立つ世界で重要なニュース」と題し、FXでのニュースやトレードの注意点をお届けしています

大阪FXスクール18タートルズ講師のブログ

「ポンド」 一覧

ダボス会議開催

21日の為替市場では、本日開催のダボス会議に出席するトランプ大統領が中国やイランとの関係にどう言及するか注目されそうです。 特にイランに対しては先の報復措置に対する攻撃を抑制しており、今後対話に向けた ...

イギリスは利下げの可能性ポンドに警戒

本日の為替相場では、欧州時間が始まって発表されたイギリスの小売売上高の低調な結果からポンドは売られました。 今月末に開催される予定のMPC(金融政策委員会)での利下げ織り込み度は今週頭では50%の数値 ...

トランプ大統領の声明を受け円安ドル高

トランプ米大統領は8日、イラクの米軍施設に対するイランの報復的なミサイル攻撃について米国人の死傷者は確認できなかったと発表しました。 また、イランへの軍事攻撃の必要性に否定的な見解を示したことから、両 ...

出口調査の結果を受けポンドは上昇

12日に行われた英総選挙で保守党が全650議席のうち380超を獲得する勢いとなり、2016年6月の欧州連合(EU)離脱を問う英国民投票から続くブレグジットの混乱がいったん収束するとの期待感が高まってき ...

FOMCでは2020年度の現状維持発表

FOMC政策金利発表 10日から11日にかけて開催されたFOMCでは、市場の予想通り政策金利の据え置きを決めました。 米国経済に関し緩やかなペースで拡大しているとしたものの、2020年に向け金利据え置 ...

FOMCよりもイギリス総選挙に関心

11日のマーケットでは、利下げ見送りが予想されるドルより、イギリスの総選挙の結果を受けたポンドの動きに注目が集まりそうです 12日投開票の総選挙(下院定数650議席)で、ジョンソン首相率いる与党保守党 ...

イギリスはリセッション懸念後退

イギリス国立統計局が発表した7月のGDPは予想を上回る伸びとなり、EU離脱の迷走でリセッション懸念が高まる中、底堅さが示されました。 サービス業がGDPを押し上げた形となりましたが、基調としては、成長 ...

ドルは様子見、ユーロ・ポンドは下落

本日はアメリカ市場がレイバーデーの祝日で休場となるため、様子見ムードの流れとなりました 欧州市場では、米中貿易摩擦が欧州経済に及ぼす悪影響への懸念が強まり、ユーロが対ドルで1年4ヶ月ぶりに安値をつけ、 ...

イギリス議会休会

イギリスのボリスジョンソン首相は28日に、10月中旬まで議会を休会する方針を表明しました。 10月末のEU離脱期限までの議会の審議時間を大幅に短縮し、合意なき離脱阻止に向けた議会の動きを封じるものと考 ...

下落の止まらないポンド

9日のロンドン市場では、イギリス時間の朝方に発表された4〜6月期のイギリスのGDPが6年半ぶりのマイナス成長となり、市場予想も下回ったことからポンドが一気に下落しました。 ポンドは対円や対ユーロでも売 ...

Copyright© 大阪FXスクール18タートルズ講師のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

Copyright© 18タートルズ FXスクール , 2017 All Rights Reserved.