大阪でFXスクールを営む18タートルズが「FXに役立つ世界で重要なニュース」と題し、FXでのニュースやトレードの注意点をお届けしています

大阪FXスクール18タートルズ講師のブログ

「ファンダメンタル」 一覧

節目の1ドル114円

4日のニューヨーク市場ではダウ平均が下落。ナイトセッションの日経平均も値段を崩すと、リスク回避の円買いに動きました。 114円は一つの節目となっていて、ここを下抜けると前日の安値である113.52がサ ...

ドル円は114円を突破

ニューショークの為替市場では、金利先高感を受けたドル買いが加速し、昨年11月以来の高値を更新し、節目である115円も視野に入りました。 3日に発表された米国の雇用関連指数が予想を上回ったほか米9月IS ...

利上げに向けて好調な米国経済アピール

FRBのパウエル議長は2日、全米企業エコノミスト協会での公演で、米経済の見通しは際立って良好と述べ、低水準の失業率に伴う物価上昇に備え、段階的な利上げの継続が適切との見解を示しました。 失業率が4%を ...

主要通貨上値重い

週明けの為替市場、主要通貨は材料待ちでの上値が重い状況が続いています。 米国では11月6日の中間選挙を控えて、トランプ大統領は対外姿勢を貫きそうです。 NAFTAの交渉や、トルコの牧師拘束問題での進展 ...

引き続き円安

28日の為替市場では、FRBが2020年まで利上げを継続するとの見方からドルが買われ、対円で9ヶ月ぶりの高値をつけました。 イタリア予算案をめぐってのユーロ安も作用し、ドル指数は2週間ぶりの水準に上昇 ...

FOMC後も小幅な値動き

26日の為替市場、FOMCでの予想通りの利上げとさらなる利上げの見通しを示したほか、政策の終了を示唆したことが材料視されました。 今回のFOMC声明から緩和的という文言が消えたことで、失業率が数十年ぶ ...

2回目の日米通商協議

25日、茂木経済財政相はニューヨークでライトハイザーベイ通商代表部代表との日米通商交渉の第2回目を行いました。 トランプ政権は米中間選挙中間選挙控え、貿易赤字削減のため、各国と保護主義的通商交渉を展開 ...

対中制裁関税第三弾発動

24日の相場は、対中制裁関税を発動、中国が米国との通商協議を取りやめたと伝わったことを受け、アジア新興国通貨は対ドルで軒並み下落しました。 対円に関しては報道後のボラティリティもすくなく、この話題に関 ...

ブレグジットは佳境へ

21日の為替市場、ポンドの動きが注目されます。 イギリスのメイ首相が、EUとの離脱交渉が行き詰まったとの認識を示し、EUは代替案を示す必要があると訴えました。 前日までオーストリアで開かれていたEU首 ...

米ドル一段高

米国債利回りが上昇を続けています 通商をめぐる対立が本格的な貿易戦争に発展する恐れがあるという懸念が後退。米中は相手国製品への関税措置を発表したが警戒されていたほど高くなく、安心感につながりました 米 ...

Copyright© 大阪FXスクール18タートルズ講師のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

Copyright© 18タートルズ FXスクール , 2017 All Rights Reserved.