大阪でFXスクールを営む18タートルズが「FXに役立つ世界で重要なニュース」と題し、FXでのニュースやトレードの注意点をお届けしています

大阪FXスクール18タートルズ講師のブログ

「ドル円」 一覧

米中協議の先行き不透明

今週は中国の劉鶴副首相がワシントンを訪れ、米通商代表部のライトハウザー代表やムニューシン米財務長官と閣僚級会談を行い、両国の話し合いは重大局面を迎えることになります。 米国側は、知的財産保護や産業補助 ...

1月最後の週の相場

28日の為替市場はボラティリティ少なく推移。 今週は、明日以降の英議会でのEU離脱代替案などの採決や、FOMC、米中の閣僚級貿易協議を控え、イベント見極めムードで全体的にも小動きになっています。 米ウ ...

ECBは金利据え置き

本日はECBの政策金利発表がありました 市場の予想通り政策金利は据え置きで、少なくとも2019年の夏まで金利据え置きとの姿勢も維持 ただ、FRBのパウエル議長が12月のFOMCの後の会見で、FRBはバ ...

リスク選好でドル買いに

23日の為替市場では政府閉鎖が継続する中でも、米企業の予想を上回る決算を好感し、リスク選好の動きが再燃しています。 ダボス会議では投資家の発言がポジティブ要素に 昨日はIMFが世界経済の成長見通しを引 ...

ダボス会議が開催中

1月22日からスイスのダボスで世界経済フォーラムの年次会合が開かれます 世界中の各国代表に経済界の重要な人物が参加するこの会議ですが、 今年は、トランプ大統領、カナダのトルドー首相、マクロン仏大統領、 ...

今週は注目イベントの少ない週です

今週予定されている注目イベントは多くはなく、しかし、過去最長となったアメリカの政府閉鎖の解消や、ブレグジット問題の進展など、実現すればポジティブな影響がある問題もあります。 この問題は反対にこう着が続 ...

政府閉鎖続くも米中問題は進展か?

17日のウォールストリート・ジャーナルがトランプ米政権が金融市場の沈静化のため対中関税を引き下げる措置を検討しているとのニュースが流れ株価の上昇へと繋がりました。 ムニューシン米財務長官が関税引き下げ ...

ドル円は変動率低下

16日の為替市場ではアメリカの政府閉鎖が26日目に突入し、経済への影響が懸念される中で、バンク・オブ・アメリカ、ゴールドマンサックスの好決算を受けて投資家心理は若干改善しています。 本日はこの後に発表 ...

今後の政治イベントに注目

年末年始の相場急変から落ち着きを取り戻した為替相場ですが、米国の政府閉鎖問題や、イギリスのブレグジット問題、米中通商交渉の行方など、政治的変動要因はまだまだ続くため、慎重な取引が必要です。 パウエル議 ...

株は買い、為替は売り

10日のニューヨーク市場ではFOMCでの当面の利上げを見送るという見通しが要因となったドル売りが再開となりました。 株式市場は好調ですが、日経は本日下落へと転じています。 アメリカの政府閉鎖は1月11 ...

Copyright© 大阪FXスクール18タートルズ講師のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

Copyright© 18タートルズ FXスクール , 2017 All Rights Reserved.