大阪でFXスクールを営む18タートルズが「FXに役立つ世界で重要なニュース」と題し、FXでのニュースやトレードの注意点をお届けしています

大阪FXスクール18タートルズ講師のブログ

ファンダメンタル ユーロ

exitがまた遠くなったBrexit

投稿日:

昨日イギリスのメイ首相はEUのユンケル委員長と会談しましたが分担金に関してはイギリスが譲歩した形で500億ユーロまで上げましたが、まだ合意まで至ってないみたいですね。
先週末から合意まであと少しという空気になり一時ポンドは上がりましたが、昨日の会談で合意に至らず再びポンドは下落しました。

やはり最後まで問題がこじれてしまったのはアイルランド問題です。
アイルランドと国境線をどうするか。
イギリス的にもEU的にもアイルランドの国境線は特例として認めてもらえるのはありがたいことなので譲歩どころか、ここはすんなりいきそうなところなのですが、合意に至らないのはスコットランドが、アイルランドだけ特別扱いするようなら再び独立投票すると言ってきちゃったんです。。
前もブログで書いたようにイギリスはもともと4つの国が一緒になってできた国です。
イギリスにとってスコットランドに独立されると大切な資源の北海油田がなくなってしまいます。
ただでさえEU抜けてジリ貧なのにスコットランドにまで独立されると経済立ち行かなくなってしまいます。

そしてここにきてイギリス国民、EU離脱は間違いだったって言い出してきました。。
離脱に関しての再投票を求めてきたのです。
前回の投票時、EU抜けた時のメリットばかりクローズアップされ、デメリット全然知らなかった人が多数。
まさか離脱するのにこんな高額なお金請求されるとは思ってもみなかったみたいです。しかも税金…

世論調査でも500億ユーロを払うべきだと答えた有権者はわずか11%にとどまり、31%はびた一文払う必要はないと主張しています

メイ首相はすべて上手くまとめないといけないという難しい舵取りを迫られています。
それでも辞めれないのは与党・保守党が後任争いで分裂しかねないからです。。大変ですよね。

今月は14、15日にもEU首脳会談が予定されています。
ユーロ、ポンドはもちろんのこと動きが激しいと、ドル円含む全通貨引きずられる形になるかもしれないため要注意です。

新規入学生募集のお知らせ

大阪FXスクール「18タートルズ」では、次回新規入学生(人数限定)の募集しています!

あなたもFXで収入の柱を増やしませんか?

詳しくはこちら

-ファンダメンタル, ユーロ

Copyright© 大阪FXスクール18タートルズ講師のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

Copyright© 18タートルズ FXスクール , 2017 All Rights Reserved.